KEYWORD

キーワードで知る大丸松坂屋

01

ECOFF

ECOFF

ECOFF(エコフ)は、環境に配慮したリサイクル・リユース活動を通じ、お客様の負担や地球への負荷をOFFする持続可能な参加型プロジェクトです。お客様に不要になった衣料品・靴・バッグなどを店頭にお持ちいただき、大丸・松坂屋がお客様に代わり、環境のためのいろいろなカタチで役立てていきます。

02

未来定番研究所

未来定番研究所

大丸松坂屋百貨店は、世の中に本当に必要とされ定番になっていくモノやコトを見極め、提供していける百貨店になるべく、2017年に「未来定番研究所」を設置しました。さまざまな知見や専門的な情報、百貨店として培ってきた審美眼をもとに、提案・発信を行っています。

03

ライフタイム・サービスHUB構想

ライフタイム・サービスHUB構想

J. フロントリテイリング グループは、"お客様との生涯にわたるエンゲージメントを強めていく"ための仕組みづくりを進めています。商品・サービスを提供する際に得られる「定型情報」だけではなく、日常会話やコミュニティなどを通じて得られる「非定型情報」の収集と活用を行い、これまで以上に深く顧客を理解し、エンゲージメントを高めていきます。

04

大丸創業300年
松坂屋創業400年

大丸創業300年x松坂屋創業400年

大丸・松坂屋が300年、400年の時を越えて持続的な発展を遂げてこられたのは、「先義後利」「諸悪莫作 衆善奉行」の社是の実践を通じた事業活動に愚直に取り組んできたことによるものです。私たちはこれからも、時代の変化に即応した高質な商品・サービスを提供し、お客様の期待を超えるご満足の実現を目指します。

05

GINZA SIX

GINZA SIX

【アーバンドミナント戦略】2017年4月、「松坂屋銀座店」跡地を含む銀座再開発プロジェクトとして、「GINZA SIX」は誕生しました。多彩なブランドが集結する約47,000㎡の商業施設、大規模オフィス、文化・交流施設「観世能楽堂」などから構成された、エリア最大規模の複合施設として、文字通り「銀座の新たな顔」を創り出しています。

06

マルチサービスリテイラー戦略

マルチサービスリテイラー戦略

J. フロント リテイリンググループの2017~2021年度中期経営計画では"くらしの「あたらしい幸せ」を発明する。"という新グループビジョンに基づき、小売業の枠を超えた"マルチサービスリテイラー"としての発展に向け、グループ構造変革に取り組んでいます。

Daimaru Matsuzakaya Kids Duo International

Daimaru Matsuzakaya Kids Duo International

J. フロントリテイリングはマルチサービスリテイラー戦略の第1弾として、子育て世代の不安・不満の解消を目指し、教育の充実と長時間保育を両立させた認可外保育施設の運営に参入。2019年4月に「Daimaru Matsuzakaya Kids Duo International 青葉台」を開園し、将来活躍するグローバル人材を輩出できるよう「思考力」に重点を置き、「知育」だけでなく脳科学的観点から「運動」、そして国際的対話力の礎となる「英語」を身につけるカリキュラムを提供していきます。

07

J. フロントリテイリング
グループの中核企業

J. フロントリテイリンググループの中核企業

(株)大丸と(株)松坂屋ホールディングスが経営統合して生まれたJ.フロント リテイリング。事業ウイングの拡大による成長に向けた積極的なM&Aを展開し、中核事業である百貨店やパルコでの成長をはかりつつ、不動産事業や新規事業領域の拡大によりそのシェアを伸ばしています。

08

上野フロンティアタワー
シタマチ・フロント

上野フロンティアタワーシタマチ・フロント

【アーバンドミナント戦略】2017年11月、大丸松坂屋百貨店は上野のランドマークとなる複合施設「上野フロンティアタワー」をオープンさせました。また、同タワーと隣接する「松坂屋上野店本館」、大丸松坂屋百貨店が所有する周辺店舗などを「シタマチ.フロント」と総称し、上野御徒町エリアの新たな窓口(シンボル)として、新しい下町文化の創造と再活性化をリードする存在となることを目指しています。