INTERVIEW

社員インタビュー

小井 智矢 Tomoya Koi

2016年入社
理工学研究科修了

たずわる全ての人と理想像を共有し、
まちづくりに臨む。
周辺のことにも思いを馳せるのが
大丸松坂屋百貨店流。

2016年 大丸東京店のゴルフ用品売場に配属。接客・販売業務に従事
2016年 不動産事業部へ異動。大丸心斎橋店北館階層プロジェクトの企画に携わった後、新規物件の取得・開発業務を担当

Q1現在の仕事は?

不動産事業部では、地域とともに成長していくことを目指すまちづくり事業として「アーバンドミナント戦略」を展開しています。私自身の担当は、注力エリアにおける新規物件の取得業務です。具体的には、信託銀行などから用地や建物の情報を収集し、現地に出向いて状況を確認。有望と判断した場合は地権者との交渉を進めると同時に、事業計画や開発プランを立案します。先述のとおり、大丸松坂屋百貨店では、出店にあたり周辺とともに成長することを企図しています。このため、地権者やテナント、取引先はもちろん、周辺の関係者も含め幾度も協議を重ねることになります。時間も手間もかかる分、携わった全ての方から、私たちの描く将来像に理解を得られた時には大きな達成感があります。

Q2成長につながったエピソードは?

ある用地の賃借契約の交渉を進めていた先輩が急きょ異動することになり、私が後任となりました。地権者の方向けの提案書を作成する際には「先輩ならどこに重点を置くだろう?」「そのためにどんな準備が必要だろう?」と考えながら作業にあたりました。結果、実際の交渉の場でも地権者の方のご理解を得られたのです。知識も経験も乏しいなかでの大役でしたが、この経験のおかげで「あの人ならどうするか」「この人は話をどう受け止めるか」など、相手の立場でものごとを考えられるようになりました。

Q3これからの目標は?

直近の目標は、今従事しているプロジェクトを実現させることに尽きます。やはり、目に見える形になってこそ、真の達成感を得られるのだと思います。また、長期的な展望としては、神戸元町エリアに象徴される、大丸松坂屋百貨店ならではの周辺と一体になったまちづくりを複数実現させていきたいです。

Q4学生の皆さんへの
メッセージ・エール

これを読んでいらっしゃるみなさんにも、一度は「必死に頑張った」と言える経験があると思います。なかなか上手く行かないと思った時こそ、「頑張った」という経験が「もうひと踏ん張り頑張ろう」と思う糧になると思います。辛い時こそ、過去の自分のポジティブな出来事を思い返して頑張って下さい。

代表的な1日のスケジュール

  • 9:30 9:30

    出社してメールのチェック。前日業務を振り返り、当日業務のto doリストを作成

  • 11:00 11:00

    テナントを訪問し、開発検討案件に出店していただけそうかを探る

  • 13:00 13:00

    開発検討案件について、ゼネコンの担当者とプランを練る

  • 14:00 14:00

    担当プロジェクトの課題と解決策について、プロジェクトメンバーと協議

  • 16:00 16:00

    検討プロジェクトの進捗状況を、担当部長や事業部長に報告し、今後の進め方を協議

  • 19:00 19:00

    退社