INTERVIEW

社員インタビュー

百田 光里 Hikari Momota

本社 人財開発部
2018年入社
教育学部 中等教育教員養成課程卒

学生のキモチを
理解・共感できる世代として
将来を担う優秀な
人財を集め育てていく。

2018年 入社後、大丸梅田店の婦人靴売場で接客・販売を経験
2018年 入社5カ月後に、本社人材開発部へ異動。人事・人財育成・採用担当として勤務

Q1現在の仕事は?

セミナーやインターンシップの企画・運営など、新卒採用関連業務を中心に担当しています。セミナーでは、大丸松坂屋百貨店の成長戦略について説明したり、自身の就活時の悩みや会社選びの過程・決め手などを、できる限り自分の言葉で伝えています。インターンシップでは、学生の皆さんに、より当社を理解してもらいやすいようなテーマを考えたりしてます。新卒採用は、全社の将来を左右する大切な仕事です。長期ビジョンをもって臨む必要がありますが、社歴の浅い私にとっては難題ですね。半面、学生の方々とは年代が近いので、就活に関する悩みや迷いについては、かなり共感できます。「百田さんのおかげで不安が解消できた」「百貨店に興味がでてきた」などと言っていただけると、やりがいを感じます。

Q2成長につながったエピソードは?

入社してわずか5カ月で異動し、それまでとまったく違う職務に従事したこと自体が、成長の糧になっていると思います。新たな職務を覚えるために必死になるという姿勢が身に付きましたから。周囲の先輩方は、内定者向けの懇親会の企画や司会など、重責をともなう仕事を任せてくださいます。チャレンジの機会を次々と提供していただけるので「くよくよ悩むよりもまずは行動しよう!」と思えるようになりました。実際、体当たりでチャンレンジしたことで視野が広がってきていると思います。先輩方にはとても感謝しています。

Q3これからの目標は?

私は、「一人でも多くの人の人生を豊かにしたい」と思い、その機会が豊富にありそうな百貨店に着目しました。そういう意味では、いつかは販売促進の催事担当になり、自身で企画したイベントを通じて、お客様に楽しんでいただける機会・場をご提供したいと思いますね。ただ、せっかく全社を俯瞰できる部署にいるので、視野を広く持ち、社内にはどんな職務があるのか、そのなかで何が自分に合うのかを探していきたいと思っています。

Q4学生の皆さんへの
メッセージ・エール

いま、大丸松坂屋百貨店は、大きな変革期の真っ只中にあります。自分では想像もしていなかったような挑戦の機会に恵まれることも出てくるんですね。やりたいことが明確になっている人はもちろん、まだ模索中という人にも大丸松坂屋百貨店には多様なチャンスが巡ってくる環境にあると思っています。自分を試してみたい人という意欲的な人には、ぜひおすすめしたいと思います。

代表的な1日のスケジュール

  • 9:30 9:30

    出社。当日のスケジュールとこなすべき業務を確認

  • 11:00 11:00

    採用チームのミーティング。担当業務の進捗を確認し合う

  • 12:30 12:30

    ランチ。和食が中心

  • 14:00 14:00

    資料を作成

  • 16:00 16:00

    新卒イベントについて取引先と打ち合わせ

  • 18:00 18:00

    翌日の予定と業務内容を整理確認

  • 18:30 18:30

    退社